<話題の焦点>=カラオケ業界、「ヒトカラ」需要を開拓、着実な増配も実施

 「国民的娯楽」と呼ばれるカラオケ。身近なレジャーの代表格だが、近年は若者を中心としたカラオケ離れも進んでいる。

 全国カラオケ事業者協会の調べによるとカラオケ参加人口は1995年の5850万人が2011年は4640万人と2割程度減少している。

 レジャーの多様化や遊興費の削減などの影響が出ている格好だが、近年はカラオケボックスのルーム数などはほぼ横ばいで安定している。

 カラオケボックスの大手はシダックス<4837.OS>や第一興商<7458.OS>で、コシダカホールディングス<2157.OS>や鉄人化計画<2404.T>、AOKIホールディングス<8214.T>の子会社「ヴァリック」などが続いている。

 カラオケ業界は、一時に比べれば市場規模は縮小したが、その間に淘汰が進んだ。勝ち残り組は収益を上げ、着実な増配を実施している企業も多い。

 このなか、カラオケ業界の新規展開として注目を集めているのが、一人でカラオケを楽しむ「ヒトカラ」需要の開拓だ。コシダカでは一人カラオケ専門店「ワンカラ」の全国展開を進めている。また、シニア層の開拓に向けた「早朝カラオケ」などの動きも出ている。

◆主なカラオケ関連銘柄
コシダカHD<2157.OS> カラオケ本舗「まねきねこ」
鉄人化計画<2404.T>   「カラオケの鉄人」を展開
ラウンドワン<4680.T>  「ラウンドワン」内でカラオケルーム運営
シダックス<4837.OS>  レストランカラオケ「SHIDAX」
ウチヤマHD<6059.OS> カラオケ店舗「コロッケ倶楽部」
第一興商<7458.OS>   業務用通信カラオケ「DAM」や「ビッグエコー」
AOKIHD<8214.T>  子会社でカラオケ「コート・ダジュール」

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)