ダイユーエイトが反落、第1四半期3割強の経常減益を嫌気

 ダイユーエイト<2662.T>が反落。28日の引け後に発表した第1四半期(2月21~5月20日)連結決算で、売上高100億100万円(前年同期比2.2%増)、経常利益2億6500万円(同34.5%減)と大幅減益となったことを嫌気している。主力のホームセンター事業で既存店売上高が前年同期比1.8%減となったことに加えて、初の岩手県進出となる岩手水沢店出店に伴う人員増加による人件費の増加や広告費の増加などが利益を圧迫した。
 なお、14年2月期通期業績予想は売上高420億円(前期比5.2%増)、経常利益13億円(同1.5%増)の従来予想を据え置いている。

ダイユーエイトの株価は12時38分現在621円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)