アイフル急伸、長期金利落ち着き見直し買い入る

 アイフル<8515.T>が急伸。株価は一時、前週末比69円高い900円まで買い進まれている。ここ長期金利上昇が懸念される中でノンバンク株は調達コストの上昇面から逆風が意識されていたが、ここにきてやや風向きの変化が意識されている。「10年物国債は5月下旬にいったん0.9%台に上昇し1%台に乗せるのは時間の問題とみられていたものの、その後は上げ渋り、約1カ月にわたり0.8%台で推移していることから、金利急上昇に対する行き過ぎた不安が修正されているのが大きい」(国内ネット証券)という。同社株は5月下旬の急落以降、25日移動平均線が頭押さえとなっていたが、目先は下方カイ離を急速に埋めており、底入れ反転トレンドを示唆している。

アイフルの株価は14時2分現在882円(△51円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)