大手ゼネコン株が軒並み高、建設工事受注高の大幅増を評価

 大手ゼネコン株が軒並み高。大成建設<1801.T>や清水建設<1803.T>、鹿島<1812.T>などが急伸した。6月28日に国土交通省は、5月の月次建設関連統計を発表。大手ゼネコン50社ベースの建設工事受注高は前月比26%増の7781億円と大幅増を記録した。民間部門が前年同月比で26.6%伸びたのに対し、公共部門は同32.7%増加した。今年策定された補正予算などによる財政刺激策の効果もあり、建設業界の足もとの受注は大きく伸びているようだ。

大成建の株価は14時7分現在369円(△10円)
清水建の株価は14時8分現在413円(△14円)
鹿島の株価は14時9分現在346円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)