タキヒヨーが反落、第1四半期大幅減益を嫌気

 タキヒヨー<9982.T>が反落。6月28日引け後に発表の第1四半期(3~5月)連結決算で、売上高196億3500万円(前年同期比4.5%増)、経常利益4億5300万円(同57.7%減)と大幅減益となったことを嫌気。一部消費動向に明るさが見えてきたことで、従来より進めてきた大手専門店チェーンや通販、駅ビル・ファッション系ブランドとの取り組み強化策が奏功し売上高は増加したものの、円安の進行で原価が上昇し利益低下を招いた。
 なお、14年2月期通期業績予想は、売上高765億円(前期比2.6%増)、経常利益29億円(同0.8%増)の従来予想を据え置いている。

タキヒヨーの株価は15時現在425円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)