大研医器が3連騰、感染防止対策としても関心

 大研医器<7775.T>が3連騰。真空吸引器や殺菌水製造装置など感染防止分野に強みを有していることから、中東呼吸器症候群(MERS)と呼ばれる新型のコロナウイルスの世界的な感染拡大懸念や、真夏の到来で食中毒に絡む感染の拡大懸念から同社への関心が高まっている。最先端の医療機器を多数手掛けていることから、安倍政権が進める医療技術輸出でも期待が高い。

大研医器の株価は15時現在2018円(△216円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)