大手銀行株が高い、売買代金ランキングではワンツーフィニッシュ

 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクが商いを伴い高い。株価上昇もさることながら売買代金ランキングでは東証1部の1位と2位を占めており、物色人気が復活している。きょうは一部の土地含み関連株やノンバンクなど長期金利上昇傾向で売られた銘柄に買い戻しが優勢で、前週先駆した大手不動産株を追いかける展開となった。その中で金融相場の代表格であるメガバンクも出遅れ感から買いが厚くなっている。

三井住友の株価は15時00分現在4680円(△130円)
三菱UFJの株価は15時00分現在631円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)