リプロセルが大幅安、一時13.4%下落する場面も

 リプロセル<4978.OS>が一時、前週末比2450円(13.4%)の1万5800円まで下落する場面があった。上場3日目の28日に公開価格3200円の5.6倍にあたる1万7800円で初値をつけたが、初値形成後に急落した後は徐々に切り上げて終了していた。
 この日も、朝方1万6220円まで下落した後、一時はプラス圏に浮上していたが、その後はじりじりと切り下がり、結局この日の安値圏である1万5850円で引けた。値動き重視の短期筋による売買が中心だが、同時期に上場したICDAホールディングス<3184.OS>、ジェイエスエス<6074.OS>がともに上場来軟調な展開となっているだけに、同社株に対しても警戒感が働く。

リプロセルの株価は15時10分現在1万5850円(▼2450円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)