新興市場(大引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも3日続伸

 1日大引けの新興市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも3日続伸となった。
 日経ジャスダック平均は前週末比30円07銭高の1795円10銭。
 ネクストウェア、USシステムズ、T&CHD、DAC、ワールドロジ、日本サードがストップ高、ラクオリア、ガンホーなども値を飛ばした。半面、インデックスが大引けで54円まで売られた。リプロセルも大きく値を崩し、RSC、一建設なども値を崩している。
 東証マザーズ指数は前週末比44.80ポイント高の705.02。
 メディビック、GNI、キャンバス、ユナイテッド、カイオム、メドレック、オークファン、オルトプラス、UMNファーマ、ペプチドリームがストップ高、ファルコムなども値を飛ばしている。半面、リミックスポイント、ウェブクルーが値を下げ、インスペック、関門海などが安い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)