参議院選挙に向けて、上昇開始

ただし、中国問題、米の量的緩和縮小問題には要注意
 先週の予測では、13000円±400円の水準での値固めとし、7月の参議院選挙に向けてきっかけ待ちとしました。柴田罫線では13534円以上で買転換が出現するが、6月11日の13584円を上回れば目先は13700円台、それを超えると14000円を試すことが想定されるとしました。
 結局、25日(火)に12758円まで下げて27日(木)に13213円と13200円台を回復し、週末の28日(金)はNYダウの15000ドル台回復、中国の人民銀行の資金供給を行う方針で上海指数が反発、為替が1ドル=99円台と好材料が相次ぎ、13724円まであって△463の13677円となり、柴田罫線で買転換出現となりました。
 今週は、先週末にこれまでのもみあいの上限(13500円)を上に抜けたので、チャートでは14000円水準を目指す形といえます。為替が円安方向にあり、7月21日の参議院選に向けて自民党勝利の期待から反発期待が続きそうです。ただし、出来高・売買代金が縮小していますので、中国問題やアメリカの量的緩和問題など海外の材料に振り回される可能性は強いといえます。
 週明け7月1日(月)は、寄り前の好調な日銀短観を受けて△69の13748円で始まるものの利益確定売りで前場は▼65の13611円で引けました。しかし、後場になると中国の経済指標の悪化にもかかわらず、為替が1ドル=99円台半ばの動きとなったことで△175の13852円の大幅続伸となりました。