☆ドル/円:オシレータは高値圏持合いも、「押し目」を拾う展開

■【日足ベース展望】(ドル/円)
-----------------------------------------------------

■週末は「量的緩和縮小」に関する材料が市場に流れると、
ドル買い優勢となり、更に米国債利回りが上昇したことで、
更に買い意欲が高まり、ドル/円は99円を突破しました。

■本日、アジアタイムに入っても週末の流れを引き継ぎ、
週末引けから高値を更新しています。

■テクニカル面では、依然としてオシレータは高値圏での
持合いが続いていますが、日足ベースの10期間移動平均線は、
勢いよく上昇し、レートもこの移動平均線に沿う形で
高値を更新しています。

しかし、ここ数日間での上昇を考えると「追いかけ」での
買いはリスクが高いことには間違えありません。

また、週間足レベルのテクニカルは「買い転換」となって
いないことも考慮すると、「押し」を拾っていく戦略が
妥当だと考えています。

今夜の引けが、今現在の水準であれば、10期間移動平均線は
98円ミドルは超えてきますで、99円割れ水準からその
タイミングを狙う方針です。