千葉興銀が優先株の自社株取得枠を設定、7月4日に整理回収機構から全株取得し消却

 千葉興業銀行<8337.T>は1日、優先株について自社株取得枠の設定を発表した。発行済み第3種優先株式100%に相当する1715万株、602億2654万円を上限に、7月4日に整理回収機構から取得し、公的資金をすべて返済する。取得株については同日付で消却する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)