【売り】みずほフィナンシャルグループ(8411)デイトレでは売り有利な局面=西村剛

勝率56%の空売り戦略にヒット
■注目銘柄
売り みずほフィナンシャルグループ (8411)

■注目理由
7月1日(月)の日経平均株価は、11日の日経平均株価は前日比175円高の13852円50銭で終了しました。マザーズ指数も前日比+6.8%と大幅に反発しており予想以上に強い展開だったと言えます。日経平均株価が75日移動平均線の13400円を上回ったことから、再度上昇トレンド入りしたとみる投資家も増えてきたようで、日々の外資系証券会社寄付き前動向をみても6月26日から買い越し基調が続いており、日本株に関しては目先の暴落の危機は少し薄まったかも知れません。ただ、やはり懸念材料としては中国株の下落リスクは依然あります。こういった局面では前場こそ高く始まれど引けにかけて安くなる傾向にあります。またみずほフィナンシャルグループ(8411)はATMシステムの入れ替えを先週末に行なったばかりで、何らかのトラブルに見舞われるリスクもあるのではないでしょうか。あくまでもデイトレでは売りスタンスが有利だと考えます。

過去の検証結果は以下の通りです。
------------------------------------------
  勝率: 56.54 %
  勝ち数: 484 回
  負け数: 372 回
  引き分け数: 116 回

 平均利益(率): 1.68 %
 平均損失(率): -1.87 %

------------------------------------------