2日の株式相場見通し=日経平均株価は、米株上昇と円安傾向を受け続伸

 2日の東京株式市場は、前日の米株式市場の上昇や、外国為替市場での円安傾向などを好感し、日経平均株価が続伸するもとと予想される。1日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前週末比65ドル高の1万4974ドルと反発した。外国為替市場では、1ドル=99円60銭台の推移となっている。
 ただ、前日までの3日間で日経平均株価が1018円と1000円を超える急ピッチな上昇をみせていたことへの反動もあり、利益確定の売りも予想される。
 日程面では、6月のマネタリーベース、5月の毎月勤労統計調査に注目。海外では、米6月の新車販売台数、米5月の製造業受注、ASEAN地域フォーラム=ARF(ブルネイ)が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)