新日無線が4日続伸、高業績変化に加えLED搭載センサーも材料視

 新日本無線<6911.T>が4日続伸、一時31円高の547円まで買われるなど上げ足に勢いがついてきた。日清紡の子会社で電源用ICなどの半導体を手掛けるが、ボラティリティの高さから短期資金のターゲットとなりやすい。今3月期はスマートフォン需要拡大の恩恵を享受。半導体やマイクロ波応用デバイスが回復傾向を強めているほか、海外への生産シフトなど合理化も寄与し、営業70%増益予想でPERは10倍未満という割安さが人気の背景だ。さらに、注目材料も内包。脈拍検出に最適な緑色LEDとフォトトランジスターを一つのパッケージに搭載した反射型センサーの出荷を開始していることで、株高思惑を刺激している。

新日無線の株価は11時6分現在522円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)