帝人が冴えない動き、シティ証では投資判断「売り」に引き下げ

 帝人<3401.T>が冴えない動きとなっている。この日は、シティ証券が1日付で投資判断を「中立」から「売り」とし、目標株価を270円から190円に引き下げたことが観測されている。アラミド繊維、PC樹脂などを中心に主力事業が概して厳しく、構造改革の効果も十分ではないと指摘。また、LiBセパレーターなどの新規事業の業績貢献も限られるとしている。将来的に、シンガポールのPC樹脂、北米在宅医療などでの構造改革に伴う株主資本毀損リスクの可能性がある一方、構造改革を加味しても、現状の株価水準はに割安感はないと判断している。

帝人の株価は11時11分現在219円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)