ベネ・ワンは年初来高値を視野、「自動交通費管理サービス」開始で再度関心

 ベネフィット・ワン<2412.T>が5日続伸、5月13日につけた年初来高値16万7100円を目指す動き。7月1日から子会社のベネフィットワンソリューションズと駅探<3646.T>との共同事業でICカードを活用した「自動交通費管理サービス」がスタート、新サービスへの期待が改めて高まっている。利用した電車やバスなどの移動区間の履歴・交通費を自動的にデータベースに読み込み、申請者の手続きを簡略化するもので今年3月から全国10種類のICカードの相互利用が可能となったことに対応するサービスとして注目されている。楽天トラベルと提携した会員向け宿泊割安予約サービス開「Bene 楽天トラベル」を含めて関心が高い。

ベネ・ワンの株価は11時30分現在16万1000円(△6000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)