<動意株・2日>(前引け)=住友鉱、OTS、レデイ薬局

 住友金属鉱山<5713.T>=大幅に4日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は1日、中心限月の8月物が前週末比32.0ドル高の1トロイオンス1255.7ドルに上昇。7月に入り新規資金が流入し、金価格は上昇した。同社株は資源価格下落で下げ基調を強めていただけに、金などの市況反発とともに見直し買いが流入している。

 オンコセラピー・サイエンス<4564.T>=ストップ高カイ気配。がん幹細胞を標的とする新規低分子化合物「OTS167」の米国での第1相臨床試験を行うための新薬治験許可申請書がFDA(米国食品医薬品局)に受理され、臨床試験を開始すると発表したことを好感した買いが入っている。「OTS167」は、がん幹細胞に対する治療薬候補であり、ヒトでも強力な抗腫瘍効果が期待されている新規の低分子化合物。

 レデイ薬局<3027.OS>=急伸。同社が1日発表の2014年2月期第1四半期(3~5月)業績は、経常利益が同49.9%増の5億3200万円と大幅増益を記録。ドラッグストア事業に加え、調剤事業部門の売り上げが順調に伸び収益に寄与した。同社の第2四半期の予想経常利益は6億5900万円。第1四半期の終了時点での対第2四半期ベース進捗率は80.7%に達しており、増額修正期待が膨らんでいる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)