<動意株・2日>(大引け)=フルキャスト、木村化、クレオスなど

 フルキャストホールディングス<4848.T>=ストップ高。同社株はアベノミクス効果による人材需要喚起を追い風に5月に中旬から5月末にかけて株価を倍化させる急騰相場を演じたが、その後の下げ相場でほぼ往って来いとなった。6月末の株主を対象に1株を100株にする株式分割を実施、これによる流動性の高まりが期待されたが、6月は権利取り狙いの買いもまばらで一貫した下げトレンドを余儀なくされていた。しかし、分割後に動きが一変「短期資金の仕掛け的な大口買いが再度観測される」(中堅証券)という。

 木村化工機<6378.T>=後場ストップ高。後場に入り日本経済新聞電子版で「東京電力は柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の運転再開を目指し、7月中にも原子力規制委員会に安全審査を申請する方針を固めた」と報じられたことを受け、原発関連の材料株として短期資金が流入した。株価は5月21日に年初来高値917円をつけて以来、調整色を強めていただけに、リバウンド狙いの買いが入ったようだ。

 GSIクレオス<8101.T>=大幅高。特に目新しい材料は観測されていないものの、この日は日経平均株価が午前中に1万4000円台を回復するなど地合い好転が顕著となっており、低位材料株に対する水準訂正を期待した買いが入っているもよう。株価は6月12日の年初来高値238円をつけた後、急騰前の150円前後の水準まで下落していただけに、仕切り直しの意識も大幅高につながったようだ。

 住友金属鉱山<5713.T>=大幅に4日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は1日、中心限月の8月物が前週末比32.0ドル高の1トロイオンス1255.7ドルに上昇。7月に入り新規資金が流入し、金価格は上昇した。同社株は資源価格下落で下げ基調を強めていただけに、金などの市況反発とともに見直し買いが流入している。

 オンコセラピー・サイエンス<4564.T>=ストップ高。がん幹細胞を標的とする新規低分子化合物「OTS167」の米国での第1相臨床試験を行うための新薬治験許可申請書がFDA(米国食品医薬品局)に受理され、臨床試験を開始すると発表したことを好感した買いが入っている。「OTS167」は、がん幹細胞に対する治療薬候補であり、ヒトでも強力な抗腫瘍効果が期待されている新規の低分子化合物。

 レデイ薬局<3027.OS>=急伸。同社が1日発表の2014年2月期第1四半期(3~5月)業績は、経常利益が同49.9%増の5億3200万円と大幅増益を記録。ドラッグストア事業に加え、調剤事業部門の売り上げが順調に伸び収益に寄与した。同社の第2四半期の予想経常利益は6億5900万円。第1四半期の終了時点での対第2四半期ベース進捗率は80.7%に達しており、増額修正期待が膨らんでいる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)