今夜の注目材料は?

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は堅調な日経平均を追い風にジリジリと上昇し、99.80円台に乗せました。この後の展開について、予定されている経済イベントなどから考えてみましょう。

7/2(火)
17:00  (仏) ノワイエ・フランス中銀総裁、講演
17:30☆(英) 6月PMI建設業
18:00  (ユーロ圏) 5月生産者物価指数
18:00☆(英) ベイリーBOE副総裁、タッカーBOE副総裁、議会証言
23:00  (米) 5月製造業受注指数
25:30☆(米) ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、講演

7/3(水)
10:30☆(豪) 5月貿易収支
10:30☆(豪) 5月小売売上高
※☆は特に注目の材料

米国については特段大きな材料はありません。
ドル/円に関しては米長期金利や各国株価の動向を見ながら、と言う展開になるでしょう。米長期金利が急上昇するなど追い風があれば、100円越えの可能性も有りそうです。

また、明日発表の豪州の経済指標結果にも注目です。
本日のアジア市場では上昇後に失速した格好ですが、未だ20日移動平均線のサポートは生きているようです。これら指標結果が良好なものとなれば、ここを足場に反発する可能性が出てきます。