新興市場(大引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも4日続伸

 2日大引けの新興市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも4日続伸となった。
 日経ジャスダック平均は前日比36円41銭高の1831円51銭。
 RSC、ワールドロジ、日本サード、ネクストウェア、T&CHD、DWTI、クラスターテクノがストップ高となり、インデックスが急反発、免疫生物、リプロセル、JCLバイオなども値を飛ばした。半面、ラクオリアが急落、C&GシステムズやIGポート、USシステムズなども値を崩している。
 東証マザーズ指数は前日比22.71ポイント高の727.73。
 ドリコム、オークファン、ユナイテッド、OTS、ITbookがストップ高となり、キャンバス、NTTDIMなども値を飛ばしている。半面、リアルビジョン、カイオム、パイプドビッツが下落、リアルコムやアイフィスなども安い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)