◎欧米外為市場サマリー

 2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=100円62~63銭と前日に比べ90銭強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=130円58~62銭と同40銭強の円安・ユーロ高だった。 
 東京市場での日経平均株価の上昇と円安基調を引き継ぎ、ニューヨーク市場でも円売り・ドル買いの動きが強まった。特に、米連邦準備制度理事会(FRB)が早期に金融緩和を縮小に動くとの観測が強まるとドル買いが強まり、心理的なフシ目である1ドル=100円を突破。日米金利差の拡大観測も高まり、一時100円70銭台まで円安が進んだ。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.2976~77ドルと前日に比べ 0.0086ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)