三菱UFJはもみ合い、アユタヤ銀を買収が刺激材料に

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>は前日終値近辺でもみ合い。同社は2日、三菱東京UFJ銀行とGEキャピタルが保有するタイの大手商業銀行であるアユタヤ銀行の買収を正式発表した。アユタヤ銀行の株式の過半数以上の取得を目指し、1株あたり39タイバーツで公開買付を実施、公開買付は13年11月上旬から開始し13年12月に終了の予定だ。買収金額は1タイバーツ=3.16円換算で約5600億円となる。これによる業容拡大効果が手掛かり材料となっているが、株価は前日まで5日続伸と上昇が続いていただけに足もとは上値が重くなっている。

三菱UFJの株価は9時12分現在640円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)