<私の相場観>=東洋証券・投資情報部ストラテジスト 土田 祐也氏

 全体相場は底入れ反転の動きが鮮明だが、かなり上昇ピッチが速い。米景気の回復期待とそれにリンクする形での円安・ドル高が株価の押し上げ要因となっている。また、一時波乱を呼んだFRBによる量的緩和の早期縮小懸念も、火消しに動いた米連銀高官のコメントなどが奏功して相場はバランスを取り戻し、再びリスクオンの流れが形成されている。

 ただし、この戻り足の速さはカラ売り筋の踏み上げなど需給的な背景が大きく絡んでいると思われる。先物への仕掛けが買い戻しを誘発した結果が今の株価水準であり、安定感には乏しい。したがって、来週末のミニSQに向けて、先物主導で同様に日経平均は下に振られる場面も想定しておく必要があろう。また、中国の金融不安の火種は残っており、今後も蒸し返される可能性は高く、その点も注意が必要だ。

 来週末に向けての日経平均のレンジは1万3200円~1万4500円を想定。基本は押し目買いを念頭に置くところ。物色対象としては株価の上昇も調整も全体に先駆した不動産株が、日柄的には今回の戻り相場でも先導役として注目だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)