大阪有機化学が大幅高、連結PBRは0.5倍割れの低水準で割安修正の動き

 大阪有機化学工業<4187.OS>が大幅高、株価は前日比32円高の468円まで上げ幅を広げた。主力のアクリル酸エステルのシェア拡大と生産性改善によるコスト競争力強化で、今11月期は営業利益で12.5%増益を見込み、年間10円配当を予定していることも買い安心感を誘っている。連結PBRは0.5倍割れの低水準で、東証との市場統合を16日に控え、割安修正の動きが強まっている。

大阪有機化学の株価は14時39分現在452円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)