竹内製が5連騰、円安進行で輸出採算改善に期待

 竹内製作所<6432.OS>が5連騰で6月12日以来の2000円大台回復となった。為替市場で1ドル=100円台半ばと約1カ月ぶりの円安水準にあり、ミニショベルを主力に輸出比率が9割超と際立って高い同社株は、輸出採算の改善を期待する買いが継続している。14年2月期は営業利益26億2000万円と前期比86.4%増益見通しだが、好調な北米での需要と合わせて一段の増額期待がある。

竹内製の株価は15時6分現在2039円(△110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)