アスクルの13年5月期、営業利益4.0%増

 アスクル<2678.T>は3日、13年5月期の連結業績を発表。売上高は前期比6.4%増の2266億1000万円、営業利益は同4.0%増の68億8000万円、最終利益は同2.5倍となる58億1200万円だった。
 ヤフーとの提携による本格的な一般消費者向けインターネット通販サイト「LOHACO(ロハコ)」を昨年11月にオープンしているが、顧客数は着実に増加傾向にある。顧客基盤の拡大に加え、中堅・大企業向け購買システムの利用数も伸びたことなどから13年5月期の売上高は過去最高となった。また、最終利益についても、アスマルの吸収合併および愛速客楽(上海)貿易有限公司の清算手続開始による赤字子会社再編などに伴い法人税負担が減少、過去最高を更新している。
 なお、14年5月期の連結業績見通しについては売上高が前期比10.3%増の2500億円、営業利益が同12.8%減の60億円、最終利益は同48.4%減の30億円を計画している。最新鋭物流センターの稼働開始で一時的にコストが発生し利益を押し下げる。また、14年5月期は前期に発生した税金費用の減少が見込まれないことから、最終利益は減益幅が大きくなる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)