ピックルスコーポの第1四半期は営業利益2.5倍に

 ピックルスコーポレーション<2925.OS>が3日取引終了後に発表した今14年2月期の第1四半期(3~5月)の連結営業利益は前年同期比2.5倍の4億4000万円の大幅増益を達成した。国産ゴーヤを使った「ご飯がススムほろにがゴーヤキムチ」や植物性乳酸菌を使用したキムチなど高採算の独自開発品が伸び、利益率が大きく向上した。通期の営業利益は前期比11.2%増の10億1800万円と期初予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)