宝印刷はディスクロージャー関連事業伸び増益続く

 宝印刷<7921.T>が3日取引終了後に発表した前13年5月期決算の連結営業利益は前年同期比33.7%増の7億7200万円と大幅増益を達成、株式市場の活況を受けたIPO(新規上場)社数の増加でディスクロージャー関連事業が伸び、業務効率化を目的としたシステム開発、生産体制の見直しなどコスト対策効果も表面化した。競争激化で販売単価は低下傾向にあるが、今後もIPO増加でディスクロージャー関連事業の伸びが見込め、今14年5月期の営業利益は前期比10.0%増の8億5000万円を計画。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)