<株式トピックス>=1カ月ぶりの1ドル=100円台と今後の株価

 3日の外国為替市場で、円相場が約1カ月ぶりに1ドル=100円台に下落してきた。6月中旬には一時、1ドル=93円台までの円高・ドル安が進行したものの、比較的短期間での1ドル=100円台復帰となった。ただ、3日午後4時過ぎ、欧州勢が参加し始める時間帯に入ると、ポルトガルのガスパール財務相とポルタス外相が相次いで辞任したことが、欧州連合(EU)などからの金融支援と引き換えに財政緊縮策を進めるコエリョ政権にとって、痛手と受け止められ、政局不安が材料視されてクロス円が下落、ドル円でも利益確定売りを誘い、1ドル=99円台半ばまで上昇している。
 ただ、主力輸出企業の多くは14年3月期の想定為替レートを1ドル=90~95円に置いていることから、1ドル=100円台の円安は、今後の企業業績を大きく押し上げる要因になる。7月後半から、3月期決算企業の第1四半期(4~6月)決算の発表が本格化するが、1ドル=95円と1ドル=100円では、経営者の通期業績に対する想定マインドも大きく上ブレしてくることになる。第1四半期決算発表時点で、通期業績の上方修正に踏み切るケースは少ないようだが、営業利益の通期予想数値に対する進捗率から、将来の上方修正の芽を読み取ることはできそうで、こうした銘柄への物色意欲が高まりそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)