ニコンが3日続伸、米国大手半導体コンソーシアムから次世代露光装置を受注

 ニコン<7731.T>が3日続伸。前日に米国の「グローバル450コンソーシアム」から次世代型450ミリウエハー対応ArF液浸露光装置の販売とウエハーパターニングを受託したと発表したことが好感されている。グローバル450はインテル、IBMをはじめ大手半導体メーカーが参加するコンソーシアムで、露光装置は会員企業がプロセス開発、評価、デモンストレーションなどに使用する。出荷は15年4月の予定、4日付日本経済新聞によると受注額は70億~80億円で、先端装置のシェアを16年度までに現在の2割から3割に高めるとしている。

ニコンの株価は9時27分現在2382円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)