ADR小幅反落も7月期末配当狙いの動き顕在化へ

 アドバンス・レジデンス投資法人<3269.T>が小幅反落。きょう4日は小口売りに押されているものの、20万円前後での値固めを経て下値を切り上げる戻り基調の動きとなっている。賃貸住宅特化型の日本最大級の不動産投資信託(J-REIT)で、投資対象エリアは首都圏中心。13年7月期は稼働率96.1%を計画、2月96.9%、3月97.2%と好調な推移を見せている。7月末に1株4500円配当を計画していることから、高い利回りを背景とした権利取り人気も月末にかけて顕在化することになりそう。

ADRの株価は9時58分現在21万4500円(▼1600円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)