株価上昇で更に投資格差は拡大か?

株価上昇で更に投資格差は拡大か?
アベノミクスは成功?

第一の矢(金融政策)、第二の矢(財政戦略)は着実に成果が現れてきており、国民感情もこの半年で大きく変わりました。

実際に株価は上昇、円安に向かい、市場に出回ったお金の量も着実に増えております。消費も上向き、生産や設備投資も上向き始め、企業も消費者もマインドは少しづつ上向きになってきております。

この流れを確かなものにし、確実により力強いものにするためにも今回の選挙は極めて重要です。

ここで、自公政権が盤石な基盤が与えられれば、第三の矢(成長戦略)がより具体的な形で放たれていきましょうし、第四の矢といわれる財政再建への道筋も敷かれていきましょう。

ただ、景気刺激策ばかりでなく、財政健全化への道筋をつけるのに重要な消費税増税の決断も目前に迫っております。この半年のようにいい面ばかりでなく痛みを伴った改革も覚悟しておいた方が良さそうです。

株に関しましては株高を予想しますが、今まで以上に選別色が強まっていくものと思われます。

この半年間も投資格差が一気に開いてしまいましたが、次の半年は更に売買の仕方、銘柄の選択、引き際の選択、銘柄入替などなどによって今まで以上に格差が広がっていくのではないでしょうか?