ミヨシは小動き、値上げ浸透期待背景に戻り試す足取り

 ミヨシ油脂<4404.T>が小動き。140円中心の下値もみ合いを経て戻りを試す足取りとなっている。直近の上昇で75日線奪回を意識させる展開。マーガリンなど業務用食油、界面活性剤などを手掛ける。円安による原材料価格上昇で食品各社が値上げを進めており、徐々に浸透が進んでいることから収益面は今後強含むとの見方が増幅している。山崎製パン<2212.T>、日清オイリオグループ<2602.T>が大株主となっている強みも相対的な優位性を発揮しそうだ。また、今年1月から2月にかけて急騰相場を演出した経緯があり、1月28日に示現した年初来高値220円の6カ月高値の信用期日が7月28日に到来することから、「期日向かいの動きが意識されるのでは」(中堅証券)との見方も出ている。

ミヨシの株価は10時23分現在153円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)