良品計画は反発、いちよしはフェアバリューを9200円に引き下げ

 良品計画<7453.T>が反発。いちよし経済研究所が3日付のリポートで投資判断「B」を継続、フェアバリューを従来の9400円から9200円に引き下げた。
 リポートでは「7月2日に発表された14年2月期第1四半期(3~5月)の業績は、営業収益が550億8000万円(前年同期比11%増)、営業利益は57億3000万円(同1.4%減)となり、営業収益は計画を上回ったが、営業利益は計画をやや下回った。営業収益は国内、海外ともに計画を上回ったが、国内事業が円安による仕入原価上昇と春物の値引き販売によるロスが会社側の想定外に大きく発生したため、通期の利益予想のみ下方修正する」としている。

良品計画の株価は10時42分現在8520円(△350円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)