トヨタはしっかり、SMBC日興証は目標株価を8000円に引き上げ

 トヨタ自動車<7203.T>がしっかりした動き。SMBC日興証券は3日付のリポートで投資判断「1」を維持、目標株価を従来の7000円から8000円に引き上げた。
 リポートでは「トヨタ自動車(7月1日終値6060円)の14年3月期第1四半期は、営業利益で6700億円(前年同期比90%増)を予想する。円高修正効果に加え、原価改善や、車種構成や価格など、営業面の努力などの寄与により、大幅増益。第2四半期以降、国内では、補助金反動一巡に伴う需要のボトムアウトに加え、レクサスブランドの新型「IS」等によるミックス改善効果やハイブリッドラインナップの拡大、北米ではSUVの新型「RAV4」の供給改善や主力車種のフルモデルチェンジ効果なども期待できる。引き続き、“いいクルマづくり”による商品力強化、品質改善効果、コスト競争力向上などの成果による収益改善に注目する」としている。

トヨタの株価は11時30分現在6190円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)