新興市場(前引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも反落

 4日午前の新興市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも反落した。
 日経ジャスダック平均は前日比10円33銭安い1832円77銭。VTHD、ガーラが続落し、T&CHDやセーラー広告、C&GSYSは反落、ブロメディア、DACも安い。一方でファンドクリエーションG、アイフリークHD、ピックルスがストップ高に買われ、イナリサーチは続騰、ネクストウェアが反発し、ストライダーズ、新日建物も高い。
 東証マザーズ指数は前日比14.01ポイント安の735.67になった。トレンダーズが続落し、メディビックやフライトシステム、エイティング、AMIは反落、エニグモやenish、ユナイテッドも安い。半面でアクロディア、アイフィスがストップ高、エリアクエストやカービュー、メディアシーク、テクノマセマティカル、データHR、ITbook、シュッピンは続騰した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)