アイフリークがS高カイ気配、監理銘柄(確認中)の指定解除を好感

 アイフリーク<3845.OS>がストップ高カイ気配。同社が3日引け後に、大阪証券取引所が2日付で監理(確認中)銘柄の指定を解除したと発表したことを好感した買いが入っている。同社に関しては、海外子会社に不明瞭な資金の流れがあるとして、監査法人が6月21日付で質問書を提示し、そのため、金融商品取引法に定める提出期限(7月1日)までに有価証券報告書を提出できる見込みが立たなかったことから、6月27日付監理銘柄(確認中)に指定されていた。しかし、その後に福岡財務支局長から提出期限の延長を承認され、提出期限(8月1日)までに、監査報告書を添付した有価証券報告書を提出できる見込みであることを開示したことで、今回、大証が監理銘柄(確認中)の指定を解除したという。

アイフリークの株価は13時4分現在7120円(△1000円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)