スクエニHDが反落、米ハリスの保有割合低下で需給悪化懸念生じる

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>が反落。この日は4日受付の大量保有報告書で、米ハリス・アソシエイツ・エル・ピーが保有割合を14.24%から13.03%に引き下げたことが判明。このほか特に目新しいネガティブ材料もみられないことから、需給悪化懸念から売られているようだ。

スクエニHDの株価は14時47分現在1220円(▼52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)