<動意株・4日>(大引け)=アイフル、ケネディクス、神戸物産など

 アイフル<8515.T>=急伸。一時懸念された長期金利の上昇も最近は0.8%台の狭いレンジで落ち着いている。短期的にみれば高止まりという見方もできるが、長期波動でみれば06年7月(当時の10年債利回りは1.9%台)以降の長期下落トレンドが継続している。その中、同社株はボラティリティが非常に高い銘柄で、信用取引は買い長とはいえ売り残も高水準であり、金利急上昇の思惑が緩和されたことが買い戻しを交え、上昇トレンドを加速させているようだ。

 ケネディクス<4321.T>=急伸し、ストップ高まであと2円まで買われる異彩の強さ。ここ長期金利の落ち着きを背景に不動産株の戻りが顕著となっているが、その中で値動きの大きい同銘柄に、投資余力の回復した個人投資家筋が注目し、買いが買いを呼び込む展開となった。「テクニカル的にも6月19日の戻り高値(分割後修正値で)519円を上抜いたことから、カラ売り筋の踏み上げも交えて上げ足が加速した」(国内ネット証券大手)という。

 神戸物産<3038.OS>=6日続伸し年初来高値を更新。2日のテレビ東京系のドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」に取り上げられたことで人気に火がついた格好。また、大証単独上場銘柄ということから東証との統合に伴う思惑が働いているほか、6月下旬に発表された自社株買いも株価下支え要因となっているようだ。

 東京都競馬<9672.T>=大幅高。2020年東京オリンピック招致の期待が高まる中、前日、IOC委員への開催計画説明会が行われ、都心に土地を保有する含み資産関連株への物色の矛先が再び強まっている。同社は、同社の倉庫用地と隣接する東京都品川区勝島の倉庫・土地を150億円で取得しているが、これを活用することで中期経営計画に掲げる倉庫賃貸事業の競争力強化が可能となる。

 大泉製作所<6618.T>=動意含み。同社はサーミスタを利用した温度センサーを主力としており、自動車向けなどに売上比率が高いことから、自動車メーカーの生産拡大の動きが追い風となる。アジアを中心に海外輸出比率も3割を超え、為替市場での円安進行も利益面でプラスとなり、今14年3月期は前期の最終赤字から大きく脱却する見通しだ。また、「来期は12年3月期の過去最高利益2億1900万円の更新も十分視野」(市場関係者)に入っており、業績変化期待が大きい。

 ファンドクリエーショングループ<3266.OS>=ストップ高。連結売上高を当初予想の1億8500万円から4億4900万円(前年同期実績4億8000万円)、営業損益8500万円の赤字から6000万円の黒字(同8200万円の赤字)へ増額修正した。子会社で投資した不動産物件を売却し、子会社が保有する有価証券の運用益を計上することが要因。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)