HIOKIが13年12月期業績予想を下方修正、電気測定器の需要回復の鈍さが要因

 日置電機<6866.T>がこの日の取引終了後、13年12月期業績予想を従来予想の売上高152億円、経常利益12億8000万円から、売上高148億円(前期比1.8%減)、経常利益10億6000万円(同10.6%減)に下方修正した。主力の電気測定器に対する需要が本格回復に至っていないことや、海外半導体メーカーの設備投資抑制継続で自動試験装置の売り上げが低迷していることが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)