5日の株式相場見通し=米6月雇用統計目前に手控えられもみあい商状

 5日の東京株式市場は、日本時間5日午後9時30分に発表される米6月の雇用統計の発表を目前にしていることや、現地4日の米国市場が独立記念日で休場となったことなどから、手掛かり材料難が意識され、手控えムードが一段と強まりそうだ。4日の欧州株式市場は大幅反発。ECB(欧州中央銀行)とイングランド銀行が緩和政策の継続を示したことが材料視され、主要株価指数は大幅な伸びを記録した。
 日経平均株価は1万4000円を挟んでのもみあいを予想する。外国為替相場では、1ドル=100円30銭台での推移となっている。
 日程面では、5月の景気動向指数、日銀による「生活意識に関するアンケート調査」の結果発表に注目。海外では、米6月の雇用統計が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)