<前場の注目銘柄>=富士通、ビッグデータで存在感

 富士通<6702.T>は先高感が強い。業界に先駆けクラウドコンピューティングとビッグデータに関連する製品、サービス群を体系化、ワンストップでトータルソリューションを提供する体制を整え、新しいIT関連ビジネスを世界規模で拡大していく構え。

 当面の業績もかねてから進めてきた事業構造改革とコスト対策効果により急回復、今14年3月期の連結営業利益は前期比47%増の1400億円、最終損益は大幅黒字転換を見込む。

 ニュービジネスへの期待と業績変化率の大きさに加え、28日現在の信用買い残が226万株減少するなど、需給整理も急速に進展。5月につけた年初来高値496円奪回へ向け本格反騰が期待される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)