大泉製が続伸、来期最終利益は過去最高が視野

 大泉製作所<6618.T>が続伸、静かに上値を慕う展開となっている。日足チャートは抜群の味で、元来の急騰習性も短期資金の食指を動かす。同社は自動車向けなどに温度センサーを手掛けており、自動車メーカーの増産の動きが追い風として意識される。今14年3月期は前期の最終赤字から大きく脱却する見通しのほか、来期は12年3月期の過去最高利益2億1900万円の更新も視野にあり、この業績変化妙味が買いの根拠となっているようだ。

大泉製の株価は11時10分現在244円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)