アンドールがS高カイ気配、3Dプリンター関連で人気高まる

 アンドール<4640.OS>がストップ高カイ気配。きょう付の日本経済新聞で、「中国で3Dプリンター利用が急拡大し、16年にも米国を抜いて世界最大市場になるとの予測が出ている」と報じられたことを受けて関連銘柄が人気化しているが、同社も値動きの良い関連銘柄として認識されていることから人気化したようだ。CAD/CAMの開発、とりわけ3次元CAD/CAMシステムに強みを持っているほか、業務用やパーソナル用途の3プリンターを販売しており、市場拡大の恩恵を享受しそうだ。

アンドールの株価は11時30分現在895円(△150円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)