イオンファンは3日続落、いちよし経研は「今期業績の挽回は可能」と指摘

 イオンファンタジー<4343.T>が3日続落。3日に発表された2014年2月期第1四半期(3~5月)の連結営業利益が前年同期比37.4%減の3億7700万円と大幅減益となったことが引き続き警戒されている。ただ、いちよし経済研究所では4日のリポートで「第1四半期は国内事業の収益性低下で弱めのスタートだが、第2四半期での挽回は可能」と指摘。第1四半期に実施した新規出店や既存店改装効果なども期待できるとみている。同研究所では、株価上昇によりレーティングは「A」から「B」へ引き下げたがフェアバリューは2000円を継続している。

イオンファンの株価は12時44分現在1679円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)