<後場の注目銘柄>=極東開発、復興需要で受注好調

 極東開発工業<7226.T>は6月27日の950円を底に出直る動き。PBR0.7倍の時価は見直せそうだ。

 特装車の総合大手でコンクリートポンプ車やダンプやトラック、高所作業車などの建設関連や粉粒体運搬車を含めて幅広い車両を展開している。震災復興など公共投資増から大型ダンプを筆頭に引き合いが活発化しており、今3月期は連結営業利益で55億円(前期比7.1%増)と増益を見込んでいる。

 埼玉県志木地区からは粗大ごみ・ビン処理施設、三重県の津市からはリサイクルセンターの建設を新規受注するなど、大型処理施設の案件も増加している。災害廃棄物処理などに活用できる「移動式破砕機」を開発していることも注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)