<クローズアップ> 参院選スタート!政策関連銘柄を追う(2)

 戦略市場創造では、国民の「健康寿命」の延伸を目指しての、一般医薬品のインターネット販売や、再生医療研究のスピードアップを目指す。関連銘柄としては、医薬品、日用品のネット通販を手掛けるケンコーコム<3325.T>、iPS細胞、ES細胞の技術を基盤にiPS細胞研究に必要な研究試薬や細胞製品、臨床検査事業などを手掛けるバイオベンチャーのリプロセル<4978.OS>など。

 また、クリーンで経済的なエネルギー需給の実現では、電力の小売全面自由化、送配電分離、スマートメーターの普及を目指す。海上風力や地熱など再生エネルギーの活用、メタンハイドレートの商業化関連では、地熱発電機の富士電機<6504.T>、メタンハイドレート掘削を手掛ける日本海洋掘削<1606.T>

 さらに、地域資源で稼ぐ地域社会として、10年間で農業所得を倍増させる方針。農業の大規模化関連で井関農機<6310.T>、農薬のクミアイ化学工業<4996.T>が関連銘柄。また、ASEAN諸国からの観光客へのビザ発給要件の緩和などにより訪日観光客の拡大を目指す。関連銘柄は格安航空券最大手でパック旅行も手掛けるエイチ・アイ・エス<9603.T>

 国際展開戦略としては、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉への参加をはじめ、インフラ関連設備や医療技術・サービスの積極輸出。また、〝クールジャパン〟を活用した多分野のソフトの海外需要の開拓を狙う。キャラクター大手のサンリオ<8136.T>や、アニメの東映<9605.T>に注目したい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)