昭和シェルが戻り歩調強める、原油価格上昇が株価刺激

 昭和シェル石油<5002.T>が5日移動平均線を絡め戻り歩調を強めている。ここ原油市況が上昇傾向を強めており、ニューヨークのWTI原油先物価格は直近1バレル=100ドルの大台を回復している。石油精製元売り大手の同社にとって、原油輸入価格の上昇は販売価格上昇につながるとして市場ではプラスの思惑として捉えられている。また、同社が注力する太陽電池関連事業が想定を上回る好調、今3月期会社側が計画する営業利益460億円(前期比3.1倍)はさらに大幅な増額修正が濃厚とみられている。

昭和シェルの株価は13時34分現在858円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)