古野電が反発、円安基調継続で第1四半期決算に関心

 古野電気<6814.OS>が反発。為替が1ドル=100円台を維持していることから、前提為替レートが1ドル90円である同社には増額期待が高まっている。今2月期は北米のプレジャーボート向けなどが拡大し通期連結営業利益では23億円(前期比88.8%増)を予想しているが、16日に発表を予定している第1四半期決算の動向が注目される。

古野電気の株価は13時40分現在820円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)